復縁に持っていくちょっとした行動

“ここでは一度別れた相手に対して、元に戻りたいと思って連絡しても拒否されている人たちのためにちょっとしたアドバイスをしようと思います。

人の恋の形が様々ならば、別れの形もカップルにより様々です。そして二人が納得したうえで別れを受け入れた場合では別れの場面でそこまでトラブルはありませんし、二人が元の関係に戻ることは少ないです。よって復縁をしたいと片方が思っている場合、以前付き合っていたときに何らかのトラブルがあるというのがむしろ自然なのです。

相手から連絡を拒否されているということは相手の中ではあなたは「元恋人の知人」であるということです。復縁したいのならば相手の意識の中であなたを「元恋人の異性の友達」の段階にまで変えることが第一歩です。

そこで付き合っていた時(または別れた時)あなたは相手にどのような印象を与えたのか考えてみましょう。うるさい人という印象ならば物静かな印象を与える、泣いてばかりの人という印象ならば我慢強い印象を与えるという感じで以前の印象と真逆の印象を相手に与える行動をとるのです。まずは「以前とは違う」という印象を相手に与えるところから始めてみてはどうでしょうか。”

一度別れても復縁した運命の出会い

とても可愛くもてる友達の彼氏は、校内で人気の男子で誰もが認める美男美女のカップルでした。別々の学校に進学しても順調に続いていましたが、4年程経ったとき別れてしまいました。その後も仲の良いグループの友達として集まっていましたが、別れた理由を聞く人はいませんでした。

後腐れなく友達として良い関係を築いていたので、聞けなかったのかもしれません。それぞれが忙しくなり地元を離れる友達もいたことから、みんなで集まるのは難しくなりました。私達が再び集まるきっかけとなったのは成人式です。約3年振りにみんなと会い、昔と変わらない感覚がとても楽しく思いました。

別々の道を歩んでいた友達は、お互いに付き合っている相手はおらず、この再開を機に一気に距離が縮まったそうです。本人も復縁をするとは思っていなかったと驚いていました。こんなケースはまれだと思いますが、運命の相手って本当にいるのだと実感しました。復縁したことで以前より強い絆で結ばれ、今は結婚しママとしても幸せな毎日を過ごしています。

復縁メールの書き方とは

“ここでは、一度別れた人ともう一度元の関係に戻りたいと思っている人たちがその相手に出す「復縁メール」についての書き方について、例文をあげながら説明したいと思います。

ここで、別れた後自分が新しいマンションに引っ越しをしたことを相手に伝えるメールだと想定します。まずAの例文です。「お久しぶりです。元気にしていますか。私は新しい家に引っ越してがんばっています。」

次にBの例文です。「元気ですか。私は新しいマンションに引っ越しました。まだ新居に慣れていなくて夜なかなか寝付けません。バイトを休んで暇だったのでメールをしました。返信を待ってます。」

さて、あなたがこのメールを受け取ったとしてAとBのどちらに返信しますか。私も含め、ほとんどの人がAを選ぶと思います。復縁を成し遂げるための原則は「相手のことを考えて行動する」です。メールを出すときに自分の事情や都合ばかりを相手に伝えるのは好ましいことではありません。だからこそ、メールの文面の文字数は出来るだけ少なく、話題も重くネガティブな話を避けることが大切なのです。”
書き方

復縁メールは短めに書こう

“一度別れてしまった人ともう一度付き合いたいと思っている人は世の中にたくさんいると思います。また相手から振られた形ならばその思いはより強いものではないでしょうか。そのような人たちが元の関係に戻りたいと考え、相手の連絡先に「復縁メール」を送る人がいますが、そのときに失敗する人も多いようです。そこでこのようなメールを送るときのコツについて書きます。

結論から言うと、「出来るだけ短い文章で」というのが復縁メールを出すときのコツです。このようなメールを出すときには相手が今何をしているのか知りたいと思うでしょうし、そして今自分がどのような状況にあるのかを伝えたいと思うでしょう。

しかし、別れた相手とのメールのやり取りの中でそのような意思が相手に伝わることは復縁の可能性を下げることにつながります。よってメールを出すときにも文面は短めに、そして話題も何気ない軽い話題であることが望ましいのです。

ネット上では「1か月でよりを戻せた」というような体験談が多く掲載されています。しかし、相手から振られたというケースでは長期戦になると考えた方がいいです。そのことを踏まえてメールの出し方一つでも慎重に行動してほしいです。”
短いメール

復縁メールを出すタイミング

“一度別れたいと思っている相手がいるとして、その相手の人の連絡先が確保できていれば元の関係に戻る可能性が格段に上がります。そして相手との連絡が出来ていればその相手の人とコミュニケーションをすることが「復縁」を成功させる重要な要因となります。

さて、夫婦または恋人が別れるときには色々な原因があります。片方が浮気をしてしまったまたは借金をしてしまった、DVにより別れてしまった、そして遠距離恋愛で冷めてしまったことや性格の不一致などです。別れた事情によっては相手の方がこちらのことに興味を持っていないどころか嫌っていることも考えられます。

そういった事情を考えず、別れてすぐに「元に戻りたい」というようなメールを常に出し続けたとすれば、もっと避けられるか最悪ストーカー扱いされてしまうことにもつながりかねません。

ネット上を調べれば、復縁の成功談や、成功させるための方法がたくさん掲載されています。できれば別れた時の状況が似ている人の話を読んでほしいと思います。そして時には「我慢」も必要であることも理解してほしいと思います。”

clock

復縁のためのメールで気をつけたいこと

“一度別れた相手ともう一度元の関係に戻りたいと考える場合、相手との連絡先と連絡できる状態なのならば相手先にメールをすることが「復縁」のための第一歩だと思います。しかし、その第一歩であるメールを出す場面で、不適切なメールを出してしまい失敗する人が多いようです。そこでこのようなメールを出すときに気をつけたいことを書きます。

まずは、「復縁したい」ということを相手に押し付けるような内容のメールを出さないことです。別れた相手の人がメールを出した人とまた付き合いたいと思ってもいないうちにそのようなメールを受け取ったとしたら興味を持つどころか敬遠されるだけです。もしあなたがそのような文面しか書けない状態としたならばメール自体を出さない方が賢明です。

また別れてから私はこんなに辛い思いをしている、こんな悲しいことがあったというようなネガティブで重い内容を文面に書くことも避けたいです。このようなことを書くと相手側からは、自分のことばっかりでこちらの事情は何も考えていないのかと受け止められ、敬遠される原因となります。

復縁を成功させる原則の一つは「相手のことを考える」ことです。今回書いたような内容のメールを出す人はまずはこの原則を真剣に考えてから行動しましょう。”
相手の気持ち

復縁したいときのメールの重要性

“自分の方が別れたくないのに別れを告げられてしまった、様々な事情により別れを選ばざるを得なかった人たちが一度別れた人ともう一度元の関係に戻りたいと考え、復縁のために色々な行動をとります。

さて、もう一度付き合いたいと思う人の連絡先が分かっていて相手がこちらからの連絡を受けてくれる場合、まず相手にメールをするところから始めると思います。

しかし、相手方にこちらと付き合いたいと全然思っていないうちに「とにかく、私はあなたと元の関係に戻りたい」という意思が強く出ているメールを繰り返しだしたならば、復縁の可能性を上げるどころか限りなく下げてしまう結果になります。

また、それぞれのカップルについて別れてしまった原因は様々です。こちら側が振ったのか振られたのか、金銭的な事情で別れざるを得なかったのかなど、別れた事情に応じてメールの出し方を考えなければならないのです。

インターネットで検索すれば、復縁をするときのメールの出し方についてのサイトが多数あります。別れた相手にメールを出したいと思っている人はそのようなサイトを調べてから実践してみてはいかがでしょうか。”
復縁メール

復縁の可能性を上げる行動、下げる行動

“一度色々な事情で夫婦関係や恋人関係を解消した2人のうちで、片方の人が元の関係に戻りたいと考えていることがあります。昔付き合っていて別れた人と復縁をしたいと行動する人たちは、成功するのかしないのかいつも考え、不安に思っています。ここではそういった人たちのために復縁の可能性を上げている、そして逆に下げている行動について説明します。

一度別れた相手ともう一度付き合いたいと思うことは、あなたはその人と人生を共にしたいと思っているはずです。ならば相手の人から、あなたはその人の人生に必要な人と思うようにしていくことが必要です。よって復縁の可能性を高める行動とは「相手の行動に合わせる」ことです。例えば相手からのメールや電話に対して返答するなどです。

しかし、自分の方から電話やメールをしつこくするという行動は、「別れたのにまだこっちに気がある」と相手の人に伝わってしまい、相手から見たあなたの価値が下がる結果となり、復縁の可能性を下げてしまうのです。相手からの評価が上がるまでは「友達」というスタンスで振る舞い、相手に合わせて行動することが復縁のチャンスにつながるのです。”
可能性を上げる行動、下げる行動

復縁と縁結びの神社についての話

“私はある探偵事務所で働いています。この探偵事務所は「復縁屋」の仕事をしていて、私はその仕事を担当している者です。一度別れた人との関係をもとに戻したいという人のお手伝いを毎日しています。

そこで相談の中で私たちはお客様に「縁結びの神社」にお参りすることをお勧めすることがあります。例えば島根県の出雲大社です。なぜ旧暦の10月を神無月と呼ぶのは、田んぼの稲刈りが終わり秋祭りも済んだこの時期に日本中の神様が出雲大社に集まり、向こう1年に結婚する人たちを決めるための話し合いをするとされているからです。

正直、私たちから出てくる百万の言葉よりも、このような縁結びの神様に一回お祈りするほうがお客様の気持ちを前向きにするためには効果的となるケースがあります。全国には縁結びに関係する神社が数多く存在します。復縁について悩んでいる人たちにはこの話を読んで参考にしていただければ幸いです。

さて私の仕事場で相談に来る人たちは、当然のことながら大きな悩みを抱えています。その悩みに対して私たちは真摯に向き合っていくことが仕事を「成功」させつために必要なことです。”
縁結び

復縁占いと復縁屋について

「私はあの人が好きです」「私はあの人が嫌いです」両方とも人間であれば自然と持つ考えです。ならば「私はあの時は嫌いでしたけど、今はあの人が好きです」というのも自然な考えです。そして自然な考えであるからこそ、あの人との関係をもとに戻したいと考え、悩む人はたくさんいます。

最近ではインターネットを中心として復縁について悩んでいる人たちのための解決法として占いを利用する人が多いようです。確かに占いにより良い結果が出れば、一時的には精神的に楽になると思います。

しかし、占いは復縁の悩みという思い悩みに対し根本的に解決できる方法とは思えません。しかも安い料金で占ってもらった後の相談から高い料金をとられてしまったという方の報告も耳に入っています。

人の悩みを解決するには「行動する」ことだと考えます。実際ネットを調べれば復縁について具体的に行動し、成功したという方の話を読むことができます。その中には私たちのような探偵事務所の人の手を借りて成功したという人の話があると思います。そのような人たちの話を読み、自分も行動したいと思ったならば是非ご相談ください。出来る限りのサポートをさせていただきます。

復縁屋には占いも